fc2ブログ

習慣を身に着けろ!(改訂-1)

イメージしてください!


クルマに乗り込みエンジンスタート!

シートベルトを着用して・・・




さて・・・

次に考えることは?









ピー助はライトを点けるべきか否かです。

真っ暗であれば迷わず。

日没近くであればポジション&フォグランプだけでも点灯します。


目立てば周囲が気を付けてくれるハズ!




先程買い物に行き、その帰り道のこと。時刻は21時過ぎ。

駅前の通りをコチラに向かってくる黒い軽乗用車。。。。に


パッシング!


パッシング!


パッシング!



3度目でようやく気付いたようです。



黒い軽乗用車に乗った女子が

無灯火で走っていたことに。



バッカかオメ~?


みたいな目で彼女を見ていたかも。





無灯火の黒いクルマが先頭で、その背後にライトを点けたクルマが走っていたら・・・

対向車から見ると、無灯火の先頭のクルマの存在は直近まで気づかないもの。



無灯火は災いの元と肝に銘ずべき!

せいぜいご安全に!






あっそうそう!

ピー助の黄色いクルマの右フォグランプ。

その後はちゃんと点いています。


取り外して点検しようと思ったけど

手が入らず断念。。。


そのうちスズキのお店で見てもらおうかな~?



以下、追記しました。




2020年の4月以降に買った新車には

もれなくオートライト機能が標準装備されるそうです。

(以前にも書いたけど、そのリンク先は抹消されていました)


本日、こんな記事を見つけ愕然。。。。




暗いのにライトを点けない愚か者のおかげで

2023年10月までにそれ以外のクルマ(2020年3月までに登録されたクルマ)も

オートライト機能を装備せねばならないらしい!!!



つまり!

ピー助のように貧乏で、とても新車なんぞに買い替えできない者も

決して安価ではないと予想されるオートライトアタッチメントを購入し、取り付けねばならなくなりそうなのです。

本日はたかがフォグランプの点検ですら面倒でやり遂げられなかったのに

そんなパーツ・・・セルフで取り付けなんぞ出来るわけもない。

高額な工賃を支払い、お上の定めに従わねば天下の公道を走れないのです。





どうしてくれるんだ!

この無灯火野郎ども!!!


スマホばかり見て運転するから、暗くなったことにすら気づかね~んだよ!



よくよく考えると

昨今の自動車はおかしくないですか?



スマホイジイジしながらでも安全にクルマを走らせるために・・・・・自動運転の開発促進

スマホイジイジしていて前を見なくても歩行者を跳ねないように・・・・自動ブレーキの装備

そして今回の

スマホイジイジしていて暗くなっても気づかない輩のための・・・・オートライト機能の標準装備


これって本末転倒だと思う。


昨今では高性能な監視カメラがあちこちに設置されています。

そんなカメラでスマホイジイジしている危険なドライバーのクルマを見つけたら~

爆破!

すべきだと思う。


あるいは道路のあちこちに落とし穴を設け

スマホイジイジしているクルマが通過しようとすると穴が開き~

地下通路へ誘導。。。。


出口は最寄りの警察署。


そんな輩からたっぷり罰金を徴収すれば

消費税の撤廃!

年金支給額の増額!

ゴミ袋の無料化!

水道代の無料化!


暮らしやすい日本になると思うのですけど。


改めて

せいぜいご安全に!


リンク先の記事はいずれ消されますので追記にコピペ!しときます。


以下、リンク先の貴重な記事です。




ヘッドライトの点灯タイミングを法制化

2016年10月に道路運送車両の保安基準が改正され、2020年4月から販売される新型車から「オートライト機能」搭載が義務付けられました。

「オートライト機能」とは、走行中の車が周囲の明るさを検知して、自動的にヘッドライトを点灯/消灯してくれる機能のこと。日没時にクルマのヘッドライトが自動点灯することで、無灯火走行などによる事故防止に一役かってくれる機能です。

 義務化後のオートライト機能は、現状のオートライト機能とは異なるものになります。

 現状のオートライト機能は、ドライバーがオートモードを選んだ時だけ自動点灯をさせることができ、手動での切り替えも可能になっています。しかし施行後はON/OFF切り替えはできず、完全オートライトON状態のみとなります。

 また、点灯タイミングも変わります。現在設定されているオートライト機能は車種にもよりますが、センサーの強弱などで点灯タイミングを変えたり、自動車メーカー毎に異なる点灯タイミングとなっています。

 それが義務化後のオートライト機能は、点灯基準を“1,000ルクス未満の明るさとなった時から2秒以内に点灯”で統一されます。
 しかし、これで義務化適用後の夜間に無灯火走行車が無くなるというわけでもありません。2020年4月の段階では新型車(乗用車)からの義務化なので、それ以前に登場し生産されているクルマや商用車などは2023年10月までに搭載を完了すればよいことになっています。


 すでにお乗りのクルマなどはオートライト機能がなくても車検も通すことはできます。
 ここまででお分かりだと思いますが、古いクルマはそのままでも乗ることが可能なのです。オートライト機能が無くても、日没前には早期点灯を行い、安全な運転を心がけてください。
【了】





最後の4行を読み、筆者は勘違いしていると思う。

2023年11月からの車検では、オートライト機能がない古いクルマは不合格です。



おバカおかげでの

世の中はどんどんおかしくなっていく。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

キリないわ

こんばんは^^

基本ができない運転者に合わせて車の機能を付加していたら、最終的には条件が付きすぎて動かない車になりませんか。

そうそう、違反者は、穴ぼこから警察署にまっしぐらがいいです!!(爆)))))

どんだけ獲物がかかるか^^


こっちでもたまに無灯火の車がいます。

友達もやらかしたことがあったかと。

周りの車が明るいから気がつかなかった・・・って;






安全は誰のため?安全は何のため?

串団子さん こんばんは!v-283

お金がかかるのは分かりますが、その装備が必要のない人からも強制的に徴収する制度はおかしいですよね~

昨今のクルマは安全のためにお金がかかりすぎて、ユーザーを不幸にしているのです!

その典型的な実例がありますので是非ご覧ください!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190630-00010003-kurumans-bus_all

みんながルールを守り、真剣にドライビングを楽しむことに集中さえしていれば、悲しい事故は起こらないはず!

ルールを無視し、脇見をするから・・・納税者が減るから

高額納税者が死なないように・・・・クルマが変に進化する。

納税者じゃない年金受給者はどうでもいいのです。

ボ~っとした運転が当たり前になった昨今、自分の周りは危険な敵ばかりと考えて運転していれば・・・

いつかきっと誰もいない公道を好きなだけブッ飛ばせる時代が来ると信じ~

明日もご安全に!v-222v-512


周りの作業から生じる有害物質のせいで、ピー助の作業には必要のない装備を着用せねばならない。

ブラックなピー助の職場に酷似しているように思えます。
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
ご来場者累計
この数字が増えると嬉しいものです
プロフィール
3.11の影響による困難をついに乗り越えました! 2014年10月30日までの困難。それからの困難。振り返ればきっと、どれも笑い話になるはず!・・・と思っています。

ピー助 

Author:ピー助 
ようこそお越しくださいました!
これもきっと何かのご縁です。
今後ともどうぞごひいきに!(^◇^)m

最新記事
最新コメント
お得意様のブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
写真ランキング にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村