fc2ブログ

雪道での事故について

雪道でのスリップ事故 事例_s-size

雪道での交通事故(クルマ対クルマ)に関する質問に対しての保険屋の回答に驚きました。

コレが実情であれば

スタッドレスタイヤ装着率・・・・限りなくゼロに近いコチラでの雪道の通勤は

例えスタッドレスタイヤを付けていても控えるべきですね~



●立ち往生している前方の車に、雪道でスリップして後ろから追突した場合、一般的な追突事故の場合と過失は異なるか?……一般的な追突事故と同じく、停車中の車には過失がないので、後続車に100%の過失があるというのが基本的な考え方。

●雪道を夏タイヤ(ノーマルタイヤ)で走行して人身事故を起こした場合でも、保険金は支払われるのか?……通常時の事故と同様、保険金の支払い対象となる。

●雪道で冬タイヤを装着していた場合と夏タイヤの場合の事故では、過失割合の判定に影響は出るのか?……タイヤの種類だけで責任を判断することはない。ただし、過失割合は、予見可能性の有無についても考慮するため、雪で路面が凍結していることを認識しながら運転を開始した場合などは、過失判断の根拠になることもある。

損害保険ジャパンによると、路面に積雪している場合はブレーキ痕が残らなかったり、さらに事故が起きてから積雪してしまうと、ブレーキ痕が分かりづらくなる。大雪の場合は前方が見えにくく、事故当事者の間で見解に相違が出ることがある。

そうなると過失割合が確定せず、事故解決が長期化する。損害保険ジャパンでは、そういったトラブルを防ぐのにドライブレコーダーが有効だという。路面状況や速度、信号の変化、相手車両の状況把握などが録画から可能となり、事故の早期解決が期待されている。

引用元はコチラ




今後のコチラの天気予報です。

天気予報 20210106_s-size

5連休にしてやろうか。。。


明日もご安全に!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



第2139回「ついに2021年!去年の自分に一言言うとしたら?」

新人担当者なら、過酷な暑熱でぶっ倒れるか?

辞めてしまうような仕事をやりながらも

始業前、休憩時間やお昼休みに筋トレを続け~

毎日が筋肉痛でした。今もですけど。


普通の方なら筋肉痛のときは控えるものでしょうけど

ピー助にとって筋肉痛はいつの間にか・・・快感。


でもね~

どこで無理したのか

年末ごろに右膝に違和感・・・微かな痛みがあり

段々と悪化。。。


朝のラジオ体操では

およそそんな歳であるとは思えぬ華麗なジャンプは披露できませんでした。

走ることなんて絶対に無理~な状況。


去年のピー助に一言言うならば


オメ~なにやった?


右膝の内側・・・ピンポイントで痛み

全く身に覚えがないのです。


明日もご安全に!

元旦の自転車での最高速チャレンジで生じた

ふくらはぎの筋肉痛はようやく完治。

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当の一ノ瀬です今日のテーマは「ついに2021年!去年の自分に一言言うとしたら?」です2021年、あけましておめでとうございます去年はほぼ1年を通し全人類とも言える規模の人々がコロナと戦い続けて、耐え抜いた1年だったのではないでしょうかそんな中、去年の自分に一言…「本当にここまでよく頑張った!まだまだ先は長いかもしれないけどとにかく健康でいてね!」 と言...
FC2 トラックバックテーマ:「ついに2021年!去年の自分に一言言うとしたら?」



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ご来場者累計
この数字が増えると嬉しいものです
プロフィール
3.11の影響による困難をついに乗り越えました! 2014年10月30日までの困難。それからの困難。振り返ればきっと、どれも笑い話になるはず!・・・と思っています。

ピー助 

Author:ピー助 
ようこそお越しくださいました!
これもきっと何かのご縁です。
今後ともどうぞごひいきに!(^◇^)m

最新記事
最新コメント
お得意様のブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
写真ランキング にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村