Safety First

突然訪れた大災難。。。なんとか乗り越えました! 人の振り見て~是非ともご参考に!
Safety First TOP  >  2017年02月12日

雪山を目指し・・・ラストアタック!

予定通りに行って参りました。


雪だるま

九州とは思えぬ景色の山へ!


昨日作った雪ダルマの

雪の英彦山へドライブ-1

本日の姿。。。



嫌な予感です。






雪の英彦山へドライブ-2

ココを左に曲がれば~


雪の英彦山へドライブ-3

ほ~れ!

思った通りの雪道です。



雪の英彦山へドライブ-4

でもね!



雪の英彦山へドライブ-5

まだまだこんな雪の少ないところも多いので

タイヤチェーンの装着は、もう少し走ったところで。。。


雪の英彦山へドライブ-6

昨年のようなシクジリは

こんなところでは起きやしない・・・と

雪の英彦山へドライブ-7

でも・・・そろそろ着けてみたいな~

・・・と思ったものの、道路わきの空き地がどこも雪で埋まって駐車困難でした。


雪の英彦山へドライブ-8

登れなくなった車を発見!

雪の英彦山へドライブ-9

仲間のクルマが立ち往生したのですね。

でも、大勢いますので

知らんぷりして通過~



雪の英彦山へドライブ-10

快適に走ると

まるでフィンランドの森の中のような景色!



雪の英彦山へドライブ-11

いつもお越しの皆さまにも

是非ともこの素晴らしい景色を見てもらいたい。。。


・・・・と思い。


雪の英彦山へドライブ-12

上り坂の途中で停車。。。

上り坂の途中で停車。。。

上り坂の途中で停車。。。







昨年のシクジリ

アゲイン。。。



雪の英彦山へドライブ-13

前へ進もうとすると

タイヤは空転し

クルマはスルスルと坂道を滑って後方に下って行く。。。



昨年の悪夢が蘇りました。

道路の右側の日陰に移動し、再スタートをすればイケるかも!




・・・・と考えましたが




雪の英彦山へドライブ-14


不可能でした。

これ以上右に寄り過ぎれば


脱輪!!!


なぜ!もっと早くタイヤチェーンを着けなかったのか?


困りました。。。


どうすべきか・・・・?


スポンサーサイト
[ 2017年02月12日 19:57 ] カテゴリ:挑戦 | TB(0) | CM(4)

高齢ドライバーによる事故の背景を知る

毎日のように耳にする高齢ドライバーによる事故のニュース。


この事故は何が原因なのだろう?


概ね

「ブレーキペダルとアクセルペダルを踏み間違えた」・・・・と


決して高齢ではないドライバーでも、誤操作により事故が多い・・・・らしいのが

この車

プリウスの室内
プリウスのシフトレバー

本日のドライブの際、道の駅でお隣に車を停め

そのシフトレバーを見て驚愕!



これって

タダのスイッチ。。。


気合を入れて~

前進!・・・・とか


用心深く~

後退~!!!・・・とか



そんな感覚での操作は必要なさそうなもの。


指先で

チョン!



あらっ!

間違えたわっ!!!


ゴン!


恐らく

非力な高齢者でも操作しやすい様にと

配慮をしたつもりが・・・仇となった。。。



そんな気がしてなしません。



ネット上でよく目にするのが

このレバーの操作方法に潜む罠。

バックする際は「右にちょっと」&「上にチョン!」・・・・だそうです。

長い間マニュアルシフトの操作に慣れ親しんだ方なら

絶対に間違う!


概ねバックなら

「右にグイッ」&「手前にガチッ」・・・くらいにしてくんなきゃね~



数か月前に病院の駐車場内で、高齢ドライバーによる事故が発生しました。

運転していた爺様は

「よく覚えていません」・・・と、確か言っていたらしいけど


本日、こんな記事を見つけました。


重篤な病を抱えながらの一人暮らし。

クルマがなければ病院に通うことは困難な実情がうかがえました。



その昔は全国の隅々まであったバスの路線が

今では経営難を理由に廃止または便数の大幅削減。


クルマがなければ生活が出来ない世の中と化してしまったのは

誰のせいか?


色々と考えさせられます。




本日のドライブ中にも

高齢ドライバーではありませんが



追い越し車線を

キョロキョロとよそ見しながら走る

軽乗用車を運転する若い女子。


途中、クラクション・・・1回

パッシング・・・1回の教育的威嚇を差し上げました。



道路わきから出てこようとするクルマがあり

嫌な予感がしたもので、減速はしないものの構えていると・・・


案の定、飛び出してきました。

そして、気の利いた加速などすることなく

ト~ロトロ


向かって来るクルマとの安全な距離や

侵入のタイミングとその後になすべき対応が分からない

赤いアクアの女性らしき方1名

シルバーのプラッツの若い男性1名



この際は、横にカミさんがいましたもので

クラクションやパッシングはなし。。。運のいい奴らでした。


高齢ドライバーはマークを付けているので注意のしようがあります。

運転しているのが高齢ドライバーと分かれば~十分構えます。

でも、非高齢ドライバーであれば

まさか!

出てくるはずはない!・・・と思いたいところ。




同情すべき高齢ドライバーたち

矯正の必要な非高齢ドライバーたち


自分のことは棚に上げ

色々と書き連ねてしまいました。。。


ハンドルを握ったら

真剣勝負!


スマホイジイジしながら赤信号に気付かない輩も多い昨今。


今まで西の大国のことを呆れて見ていましたが

笑い事ではなさそうです。

極めて危ない我が国の道路事情であることは間違いなし!

コロンボ刑事

自分を守る防衛費のことも考え


タバコをふかす雪だるま

タバコなんぞに金を使っている場合じゃ~ないぞよ!・・・と

眠くなり、思考がグチャグチャになりかけている様です。


明日もご安全に!

あっそうそう!

ドロドロになったクルマを実家で洗い

帰宅途中のこと。時刻は19時過ぎ。


自宅の傍の県道を走り

左のウィンカーを点滅させ

道路の左に寄り~

十分な減速をして~安全運転に努めます!

∵事故の多くは自宅の近傍で発生しているとか!

理由は、安心感が生み出す気の緩み。



ゆっくりと左折をし始めて気づく

右のウィンドウ越しに見えた

歩道をコチラに向かって来ていた無灯火の自転車乗り


もしもピー助が一連の操作のいずれかを手抜きしたり

急な操作をしていたら~

彼がもっと飛ばしてコチラに向かって来ていたら~

ゾッとしました。


自転車乗りの皆さん!

お願いですから

暗くなったらライトを点けてください!



[ 2017年02月12日 00:49 ] カテゴリ:生き延びるために | TB(0) | CM(0)
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ご来場者累計
この数字が増えると嬉しいものです
プロフィール
3.11の影響による困難をついに乗り越えました! 2014年10月30日までの困難。それからの困難。振り返ればきっと、どれも笑い話になるはず!・・・と思っています。

ピー助 

Author:ピー助 
ようこそお越しくださいました!
これもきっと何かのご縁です。
今後ともどうぞごひいきに!(^◇^)m

草を刈り続ければ、必ずや道になる。。。
ブログペット Maukie
グーパーウォーク
フリーエリア
blogramによるブログ分析
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
にほんブログ村 政治ブログ 環境問題へ
にほんブログ村 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村