FC2ブログ

Safety First

突然訪れた大災難。。。なんとか乗り越えました! 人の振り見て~是非ともご参考に!
Safety First TOP  >  安全

第2072回「これだけはお金をかける!というものはありますか?」

その昔の学生のころ

ミニバイクレーをやっていたのですが



ピー助とYSR50 

ライバルは身の軽い高校生、中学生、小学生・・・


特に超軽量な小学生の直線での勢いは凄まじいものです。

体重差が20kgくらいもあるので全然追いつきません。


でもね!カーブへの突っ込みとコーナーリングで追い抜いちゃうんですよね~

それは!経験と腕の差!・・・と

タイヤの差です!


ピー助にこんな楽しい遊びを教えてくれた同級生んちがバイク屋を営んでいて

勧めてくれたBS社製のタイヤのおかげで、想定外に速く走れたことを覚えています。



∴雪道はBS社のスタッドレスタイヤが一番。

値段も一番ですけど。

スタッドレスタイヤのおかげ!
注:写真のタイヤは以前使っていたD社のものです。


タイヤだけは値段のとても安い西の大陸製およびその近傍諸国の製品は恐ろしくて使えません。



こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の若槻です今日のテーマは「これだけはお金をかける!というものはありますか」です小さいころに学校で「エンゲル係数」を習った時、『人それぞれお金をかけたいものが違うんだなー』と、ふと思いましたがみなさんはどこにはお金をかけますか手元に残る物にお金を遣うのも、旅行のような経験に遣うのも素敵ですよねちなみに若槻はと言いますと、迷わず「靴」です!ただ、靴を買いすぎた...
FC2 トラックバックテーマ:「これだけはお金をかける!というものはありますか?」



キバナコスモス

日曜日の午前中に撮影したキバナコスモスの花。


台風17号による暴風で激しく煽られ茎の途中からすっ飛んでしまいまして

これが遺影となりました。。。



でもね!

下の方からまた新しい蕾が出来ているので、一週間もすれば何もなかったように元気な姿になることでしょう!


ニチニチソウ

玄関の中で災難をかわすことが出来たニチニチソウと


センニチコウ

センニチコウ

花が一段と成長!




実家のお墓参りに行くと

カメムシの群れ-1

奇妙な光景に遭遇。。。



カメムシの群れ-2

カメムシが列をなして行進。



いつも台風の直前には

実家の

① ピー助の部屋の雨戸を閉める

② 車庫内の自転車は玄関の中に移動

③ 植木鉢は玄関の軒下に移動

するのですけど


土曜日の会社帰りに寄ったときは暗闇の中で

つい・・・③を忘れてしまいまして


みごとに綺麗に生い茂っていたインパチェンスだったかサンパチェンスだったか?

陶器の植木鉢が転倒し破壊。。。


幸い代わりになりそうな鉢があったので植え替えましたけど

この割れた植木鉢・・・・どうしてくれよう?


最近はこんなものを捨てるのが大変なんですよね~




マクドナルドで月見パイを買って

簑島の浜辺

近所の浜辺で休憩!


職場のおんぼろ工場は、それはそれは凄まじいことになっているでしょう。

仕事は出来るのかな~?

明日もご安全に!
スポンサーサイト



[ 2019年09月23日 23:59 ] カテゴリ:安全 | TB(0) | CM(2)

進路変更の際の掟

合図を出すと同時にハンドルを切り

強引に割り込む!


そんな輩が多い昨今です。



本日の帰り道のこと。

一車線の県道から国道に入る直前に二車線になります。

いつもなら右側車線に入り、その2つ先の交差点を右折し県道を走るのですが

なんとなく、このまままっすぐ・・・・でものんびりと走って帰りたくなりました。

信号が青になり走り出し、右にいた白プリウスがクルマ半分前に出たところで

合図を出しながら~幅寄せ。。。

余りにもの強引な進路変更に

怒りのこもったクラクションを鳴らすこともできずフルブレーキ!


でも次の瞬間、ソイツは右車線に戻りハザードチカチカ。。。。

① 新手の嫌がらせか?

それとも
 
② ピー助に気づかなかったのか?

 
ナンバー1212

特徴・・・・エンブレムなしでシルバーの穴カバー


当然!反射的に追撃態勢です。

フル加速し真横に並び窓を開け

うぉりゃ~何考えとんじゃ~!・・・・と

吠えてやろうとしたけど

プリウスのドライバーは、ピー助の方を向いて拝んでいました。。。。





その後、ソイツの背後を十分な車間距離を保ちながら走っていると

左車線に移りおとなしく行儀よく走っている様子から


どうやら

②のようでした。



進路変更の際の掟:右車線から左車線への進路変更の場合


ルームミラーを見て左後方から早いクルマがいないことを確認。

左ミラーを見て・・・以下同文

と同時に左にクルマがいないことを確認して~合図を出す。

1

2

3秒後にゆっくりと進路変更を行う!



そんなこと、自動車学校で完璧に教わったはずです!

それが出来なきゃハンコを貰えなかったはずです!!!



極めて重要な動作を

なぜ忘れる?


せいぜいご安全に!

[ 2019年09月03日 23:29 ] カテゴリ:安全 | TB(0) | CM(0)

転ばぬ先の杖

明日で傘寿を迎える父親に

何か喜んで貰えるものを・・・・と考えたけど

思いつきません。




若いころからクルマでドライブが好きな父です。


シニアカーなんぞ買ってあげても

雨の日はどうするんか~!?・・・と怒られそう。




万が一の時の証拠確保のためにドラレコ?

概ね高齢者の方に非がありそうなので無意味。





今流行りのブレーキとアクセルの踏み間違いによる急発進を防ぐアイテム・・・・コレしかない!

でもどこで売っているのか?


ネット上をさまよい。。。





こんなサイトでいいものを見つけました。

適合表を眺めると

父親のクルマはありました!





ちなみにピー助のクルマは

ない。。。


まだまだどうでもいいけど。

さて?

まずは黄色い帽子のお店へ!


午後からもご安全に!
[ 2019年08月24日 12:09 ] カテゴリ:安全 | TB(0) | CM(2)

オートマチック車(AT車)の誤発進対策

左足でブレーキを踏めばよい!・・・などと

いつも簡単に言いますが

右足でブレーキを踏む習慣のある方には至難の業でしょう。


そこで!

左足ブレーキをマスターするための練習方法を紹介します。



簡単です!

最初は

両足で踏めばよいのです。

ただし、それが可能な幅の広いブレーキペダルのクルマの場合だけですけど。


ピー助がカミさんのクルマ(AT車)に乗るとき

左足の踵を床に着けた状態で軽くブレーキペダルに載せています。。。いつでもブレーキを踏み込める体制です。


赤信号で止まる場合、まずはそのまま左足で軽く踏み~減速

一番難しいのが停止の直前だと思います。


ここで右足も添え、右足の力で加減するのです。

つまり!両足でブレーキを踏むのです。


おそらくギクシャクすることなく滑らかに停止できるはずです。


そんな習慣をまずは身に着けると

そのうちに左足だけでもスムーズに停止できることでしょう。




バックするときは

左足でブレーキペダルを踏んだ状態でRにシフトチェンジし

左足の力を抜く加減を意識してジワジワとバックするのです。

この際、なるべくアクセルペダルは踏まないことが肝心。平坦な場所であれば、クリープ減少だけで十分バックするハズ!


万が一、何らかの異変を感じたら

力いっぱい左足でブレーキを踏み込めば

誰にも迷惑をかけることなく停止できます。


まだまだ誤発進なんぞ無縁の方も

騙されたと思って左足ブレーキを練習すれば

それなりの危なっかしい年齢に達した際

想定外な事故を起こすリスクは限りなくゼロに近くなることでしょう。


また、両足で踏むということは、片足で踏む場合の2倍の踏力(とうりょく)です。

か弱い女性でも、男性並みの強力なブレーキングが可能となります。


前方に突然飛び出してきた歩行者・・・

慌ててブレーキを踏んでも、それが右足だけの場合と両足での場合とでは、結末は異なるでしょうね~



歩行者の1cm手前で停まればセーフ。

ぶつかったとしても、時速何キロで歩行者にぶつかるのか?

歩行者に加わるエネルギーは、クルマの速度の二乗に比例する。


まずは両足ブレーキを是非!

明日もご安全に!
[ 2019年05月19日 21:35 ] カテゴリ:安全 | TB(0) | CM(2)

どうやら売られていないようなので・・・

角膜鉄片異物の症状

鉄片や鉄粉が黒目に刺さったまま(入ったまま)放置しておくと、鉄の周りに錆が発生します。
この錆を除去せずにいると、錆が角膜に沈着し、炎症を起こします。

症状としては、痛みが続き、充血、黒目の濁り、視力の低下などの症状を引き起こすことがあり、傷口に感染症が起こると、最悪の場合は失明に至るケースもあります。

角膜鉄錆症
角膜鉄錆症とは、角膜に鉄の粉や破片が入り、錆が発生した状態のことをいいます。
角膜に激しい異物感や痛みを伴い、炎症、角膜混濁、視力低下を引き起こします。

鉄は、非常に身近な金属ですが、生物に対しては非常に毒性が強い物質です。とても敏感な角膜に付着したままにすると重い障害を引き起こす恐れがあります。

角膜鉄錆症は、鉄が角膜に付着してから、わずか1日で発症します。
鉄が付着した部分は、炎症が起こり、鉄片の周囲にはリング状に褐色の錆が発生します。錆が発生してしまうと、鉄片を取り除く処置だけではなく、錆を削り取る治療が必要で、錆を削り取った後には傷痕が残ることがあります。

眼球鉄錆症
角膜鉄片異物を放置して、錆が眼球内部にまで及ぶと、眼球鉄錆症という更に重い障害に発展する恐れがあります。網膜剥離や緑内障、白内障などを併発すると、視力低下や視野障害を引き起こし、最悪は失明に至ることもあります。




以上、こちらのサイトから貴重な情報を拝借いたしました。


我社の大物工場で働く多くの派遣のお兄さんたち。

朝から一日中、ディスクサンダーを握り鋳物のバリ取り作業に従事しています。


生半可な奴には務まらない超~ハードな仕事です。


この仕事の特徴として

とても寒い冬でも、保護メガネが曇るからという理由で扇風機を回しています。。。。コレが要因の一つ!

工場内に鉄粉が舞います。

周囲で作業をしている者のディスクサンダーから火花が散り・・・・鉄粉が舞い

いつのまにか誰かの顔に付着する。


経験上、自分一人でやっていればこのケガは起こらないと思う。


工場建屋の中で10人以上が同じ作業を行い

Aの撒き散らす鉄粉はBの顔に

Bの撒き散らす鉄粉はCの顔に

Cの撒き散らす鉄粉はDの顔に


一仕事終えた後は、皆顔が真っ黒。。。


休憩時に顔を洗うときが最も危険。付着した鉄粉が目に入るのです。

もちろん作業中にもありますが、それは既に付着した鉄粉が汗で流れ目に移動して入ったものと推測。


そんな気がしてなりません。




そして作業中に鉄粉が目に入るケガが、一年間に何度起こることやら。


その対策のための会議に膨大な時間をくりかえし費やしながら

またケガをするものが出る。



ネットで検索しても

いい道具はないですね~!


偶然見つけたのが、前述の病院のHPで紹介されていた

目に鉄粉が入った大変なことになるというお話です。



目に入った鉄粉をほったらかすと失明する・・・・と

ボンヤリと解釈していましたが、コレで明確に理解出来ました。


鉄は有害な物質で、目に刺さると錆が広がり失明する。。。くらいに。







昨日、今日と

まるで夏のような日差しでした。



本日の仕事帰り

実家の農園に植えたトマトとビオラの水切れが心配になり

自宅をスルーして実家へ!


なんとかいずれも元気でした。



自宅に帰る途中

カミさんが確か言っていたな~

「食パンを買って来て!」・・・などと。



スーパーに入り

100均のお店がありましたので、ブラブラ。。。


そして


材料を購入

材料を調達。


実はもう一人だけ

この道具をプレゼントしたい人がいるんですよ。


ついでにもう少し作り置きして~




この記事を読んで興味のある方がいたら、是非ご連絡ください!

・・・・なんて書いても

そんな危ない仕事をやっている方はいませんよね!




鉄粉リムーバー-3

キャップを引き上げると磁力が弱まりハサミは落ちます。

この道具で集めた鉄粉を除去するときも同様にするのです。

ただの磁石だと集めた鉄粉を取り除くのが至難の業。

磁石を使い捨てで使えば簡単ですが、膨大な廃棄物ととなるのでイケません。


一番苦労したのは容器の口の大きさより大きい磁石を

どうやって入れるのか?


それは秘密です!


我社で試作品を使用中の者は

実際に目に入った鉄粉が取れて喜んでいました。


頑張って作って

売るぞ~

・・・・などと

今は思うけど


明日もご安全に!
[ 2019年05月12日 00:14 ] カテゴリ:安全 | TB(0) | CM(2)
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご来場者累計
この数字が増えると嬉しいものです
プロフィール
3.11の影響による困難をついに乗り越えました! 2014年10月30日までの困難。それからの困難。振り返ればきっと、どれも笑い話になるはず!・・・と思っています。

ピー助 

Author:ピー助 
ようこそお越しくださいました!
これもきっと何かのご縁です。
今後ともどうぞごひいきに!(^◇^)m

草を刈り続ければ、必ずや道になる。。。
ブログペット Maukie
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

全般ランキング ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村 にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村